広尾のカジュアルフレンチと生ワインのお店「ル プリュース 」

生ワインとフレンチのお店Leplus

お電話でもご予約承ります。

広尾店:03-3721-7382

お客様のご要望にお応えして考えた〆の一品

ル プリュースをご利用のお客様でワインなどお召し上がりになられた後に、たまに『何かご飯ものの〆の一品ってない?』といったリクエストをいただくことがあります。

そこで考えたのが、フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理で『ブッフ・ブルギニョン』という料理です。

どのようなものかと簡単に言えば牛肉の赤ワイン煮。

あまり柔らかくない牛のスネ肉などの部位をブルゴーニュの赤ワインでじっくりと煮込んだもので、これをル プリュース風の〆の一品にアレンジできないかと何度も試作を繰り返して完成したのが写真のウフ(フランス語で卵)・ブルギニョン。※名前は仮です。

料理名はゴロ的なとこもありますが、牛肉を煮込みご飯に合わせると考えた時に日本のすき焼き風にしては?と考えました。そこで日本人になじみのある牛すじと玉葱を赤ワインで煮込み、そこにすき焼きにも入れる糸こんにゃくも一緒に入れて煮込みました。それをブイヨンと少量の赤ワインで炊いたジャスミン米の上にのせました。すき焼きだと、とき卵とあわせるのですがここでは温泉卵と一緒に。牛肉の赤ワイン煮ブルゴーニュ風を牛すじの赤ワイン煮すき焼き風としました。日本の方でもお楽しみいただける〆の一品になると思います。ブッフ・ブルギニョンならぬ『ウフ・ブルギニョン』

※名前はあくまでも仮ですが個人的にはこっちのネーミングも好きだなー

近日、アラカルトでご案内できます!ぜひ、ご期待ください!改めてご案内いたします。

 

#ブッフブルギニョン #牛肉 #牛スジ #赤ワイン #卵 #〆の一品